参集した参加者
左は連協のシンボルマークです。R字形を
上手に使い枝葉を切り取られて倒れかけ
た樹木と縦横に走る高速道路を組み合わ
せ、横浜環状道路による環境破壊に対す
る、私達住民の怒りを表現しています。
 Rは撤回を意味するRETRACTIONの「R」
でもあります。
               
横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会 本文へジャンプ




 横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会(連協)


      第29回統一パレード(平成29年11月23日)は雨のため
          朝日平和台自治会館にて集会のみ開催


    

    畑野君江、早稲田ゆき 両国会議員
  
                             岩崎ひろし横浜市会議員

 
     集会アピール朗読             参加者によるシュプレヒコール


  あなたは平成22年2月から
            人目の訪問者です。

   



最終アップデート  2018/05/07


  連協の目的

   
本来の目的は「横浜環状南線の白紙撤回を含む抜本的見直し」
   
であったが、現実に道路建設が進み、工事中止は困難と判断し、
   生活防衛のため、騒音や地盤沈下問題に取り組む事に重点を
   置くこととする。

     本団体はあくまで任意の「協議体」であり、個々の問題に対しその都度
     対応しています。従って、規約等はありません。

連協

inserted by FC2 system