左は連協のシンボルマークです。
R字形を上手に使い枝葉を切り取られ
倒れかけた樹木と縦横に走る高速道
路を組み合わせ、横浜環状道路に
よる環境破壊に対する、私達住民の
怒りを表現しています。
 Rは撤回を意味するRETRACTION
の「R」でもあります。

               
横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会 本文へジャンプ



 横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会(連協)


新型コロナビールスに対する対応

 諸般の状況に鑑み、当面の間公共交通機関の利用や閉鎖空間での
 対内的、対外的活動を自粛することと致します。
 変更のある場合は本HPでその都度お知らせいたします。
                2020.04.05.




  あなたは平成22年2月から
            
      人目の訪問者です。


   



最終アップデート  2020/04/05


  連協の目的

   
本来の目的は「横浜環状南線の白紙撤回を含む抜本的見直し」
   
であったが、現実に道路建設が進み、工事中止は困難と判断し、
   生活防衛のため、環境維持、騒音、地盤沈下問題に取り組む事に
   重点を置く事とする。(2016年末に方針変更決定)

     本団体はあくまで任意の「協議体」であり、個々の問題に対しその都度
     対応しています。従って、規約等はありません。

連協

inserted by FC2 system