横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会 本文へジャンプ

連協30周年に当たって

 この度、連協会長を仰せつかりました比留間哲生です。
一言ご挨拶を申し上げます。
一昨年、横環南は土地収用法の適用を受け事業認定告示が
なされました。これを以って事業者は各地で工事に着手し
始め息苦しい状況が生じています。
連協は30年に亘り「白紙撤回を含む抜本的見直し」を求めて
運動を展開してきましたが昨年より「住環境を守る」運動に
舵を切りました。
 これからは私たちの生活環境に身近に迫ってくる工事公害や環境破壊から自分たち
の身を守ることが主眼となります。個人での対応では限界があります。地域全体での
対応が必要です。そこで地域に密着した個人及び町会の活動をお互いに「連協」を
中心としてあらゆる情報を共有し活動することが大きな力となります。正に連協の
出番です。今まで訴え続けてきた色々な障害が考えられます。盛土地帯に形成された
住宅地のど真ん中を6車線のトンネル構造で通過する横環南は地盤沈下が心配です。
北線では400m離れた地域でも大変な沈下が起きました。起きてからでは対応は遅い
のです。
 事前に事業者と少しの心配でも受け付ける窓口を常設し、いつでも補償問題まで
含めて安心の設計をしておく必要があります。大気汚染やトンネルから発生する
低周波問題やトンネル出入り口での騒音問題など知らない間に身に罹る健康被害など
が考えられます。
 各地でもよく見守り少しでも異常があったら各自治会に報告して下さい。個人の
情報を連協は大きな力としてとりまとめ事業者に対峙していく事前のシステム造りが
仕事です。
 先輩たちの30年の運動を通して、世間で噂されている事業者の「隠す、騙す、
逃げる、嘘をつく」の業務執行を経験しました。
 今時めく森友問題と同根です。住民の声が計画時から事業に反映されるよう関連の
法改正などに国会議員、市議会議員を通して参加していくことも30年前に連協の
運動を立ち上げた先輩たちに対する責任ある一つの活動になります。
本年もよろしく皆さまと一緒に地域を守って行動し今秋に迎える30周年の記念集会
で良い報告ができるように頑張りたいと思います。      (会長 比留間 哲生)




 歴代会長・事務局長リスト (連協の年度は6月から5月までです。)

元号 会長 事務局長
S63 松本 昌司 土井 利雄
H01,S64 星野 昭雄 皆川 昭一
H02 山口 藤造 皆川 昭一
H03 山口 藤造 皆川 昭一
H04 山口 藤造 皆川 昭一
H05 山口 藤造 皆川 昭一
H06 山口 藤造 皆川 昭一
H07 松本 昌司 野島 頼達
H08 松本 昌司 野島 頼達
H09 松本 昌司 野島 頼達
H10 松本 昌司 野島 頼達
H11 野島 頼達 柴田 哲夫
H12 野島 頼達 柴田 哲夫
H13 野島 頼達 柴田 哲夫
H14 柴田 哲夫 和田 和子
H15 柴田 哲夫 本田 瑛美
H16 柴田 哲夫 野島 頼達
H17 柴田 哲夫 野島 頼達
H18 柴田 哲夫 野島 頼達
H19 柴田 哲夫 野島 頼達
H20 柴田 哲夫 長谷川 誠二
H21 比留間 哲生   長谷川 誠二 
H22  比留間 哲生  長谷川 誠二
H23  比留間 哲生  長谷川 誠二 
H24  比留間 哲生  長谷川 誠二 
H25  比留間 哲夫  長谷川 誠二 
H26 比留間 哲夫  長谷川 誠二 
H27 比留間 哲生  長谷川 誠二 
H28 比留間 哲生  長谷川 誠二 
 H29 比留間 哲生  長谷川 誠二 
H30  比留間 哲生  長谷川 誠二 
inserted by FC2 system