横浜環状道路(圏央道)対策連絡協議会 本文へジャンプ

この良い生活環境を守ろう!

 今年度も引き続き会長の任を仰せつかりました比留間哲生でございます。
この一年、事業者は事業認定告示を受け、最後の手段である土地収用法
をふりかざし有無を言わさず現地工事に入り始めました。
 連協は歴史的にも基本的に南線事業を認めておらず、「白紙撤回を含む
抜本的見直し」を旗印に違法性及び不当性を30年にわたり行政に立ち向か
ってきました。
 しかし常に行政の都合の良い解釈でここまで事業が進められてきたの
です。まじかに迫ったこの現状に鑑み、「我々の本来の運動の目的である
この素晴らし生活環境を守り抜こう」との方針転換を図り現在に至って
います。これからもこの事業による環境破壊を最小限に抑えるべく基本
理念は忘れることなく、今まで培った事業者とのやり取りでの成果を基に
これからの活動に邁進する所存です。
 全国各地の道路運動仲間たちの同じような経験や成果を学習し、これ
から起こるだろう工事による生活環境破壊防止への事前対応に取り組む
ことにします。更に地盤沈下や大気汚染、騒音問題などへの補償問題を
取り上げていきます。行政は粛々と法に従って事業を遂行します。
 しかし国民のためと言いながら自分たちに都合の良い解釈であり、
決して私達一般国民のためにはなっていないことは長年の学習により
理解が深まりました。従って絶えずチェックすることが必要なのです。
おかしいと気が付いたら声を上げるべきなのです。このスタートの一人
一人の小さな声を連協が拾い、我々の活動を通して大きくしていくことが
我々の仕事です。
 上述のように全国に道路運動の仲間がいます。その上に連協も属して
いる公共事業改革市民会議の仲間もいます。我々の声が立法府を動かし
ます。市議会、県議会そして国会と我々の声を拡大していきましょう。
そして行政を変えましょう。司法も大きな声には弱いのが分かりました。
 少しずつではありますが、これまでの連協の活動が変化をもたらして
います。決してあきらめないでください。どうぞ皆様の声をお待ちして
います。        (比留間)



 歴代会長・事務局長リスト

元号 会長 事務局長
S63 松本 昌司 土井 利雄
H01,S64 星野 昭雄 皆川 昭一
H02 山口 藤造 皆川 昭一
H03 山口 藤造 皆川 昭一
H04 山口 藤造 皆川 昭一
H05 山口 藤造 皆川 昭一
H06 山口 藤造 皆川 昭一
H07 松本 昌司 野島 頼達
H08 松本 昌司 野島 頼達
H09 松本 昌司 野島 頼達
H10 松本 昌司 野島 頼達
H11 野島 頼達 柴田 哲夫
H12 野島 頼達 柴田 哲夫
H13 野島 頼達 柴田 哲夫
H14 柴田 哲夫 和田 和子
H15 柴田 哲夫 本田 瑛美
H16 柴田 哲夫 野島 頼達
H17 柴田 哲夫 野島 頼達
H18 柴田 哲夫 野島 頼達
H19 柴田 哲夫 野島 頼達
H20 柴田 哲夫 長谷川 誠二
H21 比留間 哲生   長谷川 誠二 
H22  比留間 哲生  長谷川 誠二
H23  比留間 哲生  長谷川 誠二 
H24  比留間 哲生  長谷川 誠二 
H25  比留間 哲夫  長谷川 誠二 
H26 比留間 哲夫  長谷川 誠二 
H27 比留間 哲生  長谷川 誠二 
H28 比留間 哲生  長谷川 誠二 
 H29 比留間 哲生  長谷川 誠二 
inserted by FC2 system